ゼータトーク ニュースレター 751号 『★仏陀の警告』

  • SAKAMAKI
  • 2021/03/02 (Tue) 01:54:52














The ZetaTalk Newsletter
2021年2月21日 日曜日 ★751号
世界と地球外からの毎週のニュースと展望
ゼータニュー 地球の変化 発表 時勢の徴候


『★仏陀の警告』

★ポールシフトの時系列(タイムライン)を与えるように見えるチベットの導師―ジャムヤン・キェンスツェ・チョキ・ロドロ―による魅惑的な予言があります。 ★チョキ・ロドロは、転生していたときに仏陀とみなされました。
この原本(仏典)は、★チョキ・ロドロが1959年に亡くなったので何十年も前に提供されましたが、★中国の暦との可能な整合性は、1966年、★2026年、および2086年の数年です。 チベットの仏教徒の実践者が説明するように★仏陀からの正当な情報とみなされます。


(仏陀の予言の説明)
予言が、その後、テルマが書物に言質を与えた精神として、実際にジャムヤン・キェンスツェ・チョキ・ロドロに最初に“伝えられ”た一方で、★釈迦牟尼仏陀(私達の時代の歴史的仏陀)、最上の悟りを得た(最上の涅槃に達した)菩薩の一人の観世音菩薩およびアナンダ(仏陀の3人の主要な上級弟子の1人)の間の三者間の対話として述べられたとされました。
★ダライ・ラマは、チベット仏教では、チェレンジグ/観世音菩薩の感化力としてみなされます。


http://www.zetatalk.com/ning/28fe041.jpg
(ティベッタンアルターの原文とャムヤン・キェンスツェ・チョキ・ロドロの写真他)


(インターネット情報サイトから)
★チベットの予言: 残り10年
(2015年7月31日 ティベッタン・アルター)
https://tibetanaltar.blogspot.com/2015/07/tibetan-prophecy-one-decade-left.htm
深宇宙から、★火‐牡‐馬の年(2026年)に、大きな隕石は、大量の水の岸に落下するだろう。…
★地‐牡‐猿の年(2028年)に、世界的流行病が起こり、その衝撃は非常に根深いだろう。 …
★火‐牝‐馬の年(2026年)と、そして地‐牡‐猿の年(2028年)に、この教えに信頼を置かないそれらの邪悪な人物達のすべてが死ぬだろう。 しかしそれを書きとって伝えるのならば、病気をせずに長い時を生き、徳は非常に素晴らしくなるだろう。 この邪悪な時のすべての有害な力は、素早く都市へと集まるだろう。 …この教えにどのような信頼も置かないそれらの人物達は、★火‐馬の年(2026年)に大地震を体験するだろう。

この邪悪な時が★火‐牝‐羊の年(2027年)にやってくるときに、過密のための死があるだろう。 ある者達は路上で死ぬだろう; ある者達は心臓(病気)によって。
★地‐牡‐猿の年(2028年)に、恐ろしい洪水があるだろう。 夏には、飢饉によって誘発された世界的流行病から死が生じるだろう。 その時に、悪魔達は、あらゆる場所にいるだろう。 …

★地‐牝‐鳥の年(2029年)に、何の損害もないだろう。 にもかかわらず、自分の規律を守り、赤身の肉を食べないことは、非常に重要だろう。
鉄‐牡‐犬の年(2030年)に、すべての都市と周辺地域は、虎達、熊達、野生の犬達、狼達、およびそのような者達のような肉食性動物達で満ちるだろう。 …時の邪悪な期間が増加するときから計算すると、★すべての森林(生態系)は崩壊するだろう。 ★すべての岩だらけの山々はそれらの根底から崩れるだろう。 人は、地球の(山々を)倒壊させる状況(過程)に耐えることができないだろう。 ★10人の内1人だけが生き残るだろう。 …

★物事を明らかにする光
(2016年11月6日 ダーマ・ウィール)
https://www.dharmawheel.net/viewtopic.php?f=41&t=24063
『物事を明らかにする光: 来るべき予言』と題された非凡な作品は、“師の中の師”として広く知られて称賛されている、故★‘ジャムビャングスムクヒェン‐ブルツェ・チョス‐キ・ブロ‐グロス(1896年~1959年)によって明らかにされました。
★1988年に、自由に複製される警告とともに、カルマ・グスングラブ・ルギャ‐ムツホによって最初に英語に翻訳されました。
(と述べています)


(2021年2月28日のゼータトークから「確証」)
ゼータトーク 「確証」 2/28/2021:
 私達ゼータ達は、ポールシフトの1時間が到着する時をほぼ毎日尋ねられており、そして常に同じ忠告―★日付は知られるべきではない―とともに返答します。 これは、彼の帰還の日付を誰も知らないというイエスも与えた忠告でもありました。
それでは、★ポールシフトの起こりうる日付が2026年であるという不確かではない期限を述べている仏教徒の師の原本で、どのように解釈するべきなのでしょうか?
これは、★ほぼ1世紀前に書かれたときに正確でしたが、天界の時計は考慮すべき多くの影響力があり、“通過”は、★多くの要因によって加速することも減速することもできます。

 ★注目すべきことは、ニビルの“通過”の間の出来事の連続と、まさに地球を襲おうとしている地球規模の大災害の不可避性です。
★モハメッドは、彼の40日間の予言における出来事の連続の輪郭を描き、私達ゼータ達は、私達が★出来事の順序を与えるのを許されていますが、★日付を与えるのを許されていないと強調します。
にもかかわらず、このチベットの導師の予言は、予言が与えられて以来、状況にはそれらの■効果(影響、作用)があったけれども、与えられた時には正しかったのです。 ★ポールシフト後“2年以内”に海水面が675フィートまで上昇するだろうと、私達は述べており、この予言は、★“恐ろしい洪水”が2028年までに起こるだろうと、同じ事を述べます。

 ★2026年の予測されたポールシフトの日付後の移住は、結果として生じる“過密”と世界的流行病とともに予測されることが可能でした。
★10人の内ほんの1人が生き残ることは、ポールシフトの結果としての90%の死亡率という私達の概算に等しいです。
★“物事を明らかにする光”は、起こるだろう事についての先見を有することが他の人々の窮状への憐みによって、他の人々のために行動し、そして恐怖によって誤った状態に導かれないように、人が、人の人生を導くのを可能にします。 燃えている建物から逃れる取り組みにおいて、人が扉を塞いでいる他の人々を押しのけるように、★恐怖が人を利己的指向性へと導くと、私達はたびたび述べます。

 都市が放棄されて、野生へ、簡単な獲物を求める“肉食性動物達”に戻ること、または“悪魔”として描写される利己的存在の大使達が、生存者達に、★彼等の魂達を収穫するために恐怖を誘発しようとすることを説明することは、害ではありません。
それは、チベットの師の言葉を心に留める人々が、地球の“変容”を助力するために、★この時期に地球の周囲に多数いる利他的存在の大使達との実際に多数の公然の相互影響の時である“シフト後”へと、これらの罠を避けて生きるのを可能にします。
(と述べています)


ポールシフト後の移住(混雑)も、★海水面の上昇のために予想できます。
ゼータトークは、★野生の犬の群れが危険であると警告しており、★すべての森林が燃え尽きて種子から再成長するだろうと述べました。
★インドは確実に沈没し、プレート移動とユーラシアプレートの伸張は、内陸の山々を不安定にします(山々の粉砕)。


(インターネット情報サイトから)
★チベットの予言: 残り10年
(2015年7月31日 チベッタン・アルター)
https://tibetanaltar.blogspot.com/2015/07/tibetan-prophecy-one-decade-left.html
★地‐牡‐猿の年(2028年)に、恐ろしい洪水があるだろう。 夏には、飢饉によって誘発された世界的流行病から死が生じるだろう。 その時に、悪魔達は、あらゆる場所にいるだろう。 …
★鉄‐牡‐犬の年(2030年)に、すべての都市と周辺地域は、虎達、熊達、野生の犬達、狼達、およびそのような者達のような肉食性動物達で満ちているだろう。 …
★10人の内1人だけが生き残るだろう。 …
(と述べています)


(2002年10月五日のゼータトークから「説明」と、2003年1月7日のゼータトークから「予測」と、2011年7月23日と2012年6月16日のゼータトークから「コメント」)
ゼータトーク 説明 10/5/2002:
 ★675フィートまでの海の上昇のコンピューター計算では、この上昇がほんの200フィートであると人間によってコンピューター計算されているので、★南極大陸とグリーンランドの氷の解氷以上の事が想定されます。
★すべての陸地の表面は、核の渦巻きのために加熱され、地表に逃げることができる程度の熱がそのようにおこないます。
★海洋の下で、これは、どこかに行く必要のある海水によっていっそう高い海底に等しくなり、そして海底が上昇するので、海水面もまた上昇することができるだけです。


http://www.zetatalk.com/newsletr/image859.jpg
(ヨーロッパの地図)


ゼータトーク 「予測」 1/7/2003:
 ★旅行規制は、おそらく移住に応じて政府によって課されますが、これが起こるまではありません。 したがってこれは、国により国内によって多様であり、そして実の所、★天候の変化や増加する飢餓のようなポールシフトの問題が起こるはるか前に施行されるでしょう。
これは、あなた方の選択した★安全な所在位置に早期にいる一つの理由であり、そして可能でないならば、あなた方が口実を必要とするならば、そこにいる正当な口実があるということです。

ゼータトーク 「コメント」 7/23/2011:
 ★中国の“ゴースト都市”は、気候と標高がシフト後に最も最適であるだろう場所に位置を定められています。 中国は、その民衆に、★内陸の砂漠地帯まで中国国内を移住するように命令すると予想できます。
確実に、他の国々からのどの難民達も、★最優先事項で国境を警戒して、厳しく追放されるでしょう。 ★他の国々からのエリート達も歓迎されないでしょう。


http://www.zetatalk.com/newsletr/image412.jpg
(ボート難民の写真)


ゼータトーク 「コメント」 6/16/2012:
 ★ボート文化、行き場の無い死に物狂いの避難民達の浮揚都市は、東南アジアとインドで一般的になるでしょう。
★押し下げられているインド‐オーストラリア・プレートのインドと他の陸地は、沈下している土地が着実に悪化している状態に気づくでしょう。
(と述べています)
(と述べています)


実際に、聖書は、“終末の時”の日付を提供しません。
星座の配置に“通過”を連動する試みは、2017年にデビッド・ミードが発見したように失敗しています。
(ヨハネの)黙示録は、何を予想すべきか、について非常に明確ですが、★タイミングについてのヒントはありません。
コルブリンの解説に適合した出エジプト記は、過去に起こったことを描写します。 コルブリンは、私達に、★ノアについての詳細を与えます。
ハディスの7015番、41巻の“時間”として知られる予言者モハメッドによる声明は、出来事の順序を与えるように見えます。
しかし★仏陀以外は日付を提供していません。


http://www.zetatalk.com/newsletr/photo192.jpg
(聖書の「ヨハネの黙示録」に関するイラスト)


(新約聖書から)
マルコによる福音書13章32節その日も時間についても誰も知らない、天の御使い達でさえ知らない、“子”でさえも、★ただ“父”だけが知っている。

使徒行伝1章7節イエスは答えた、「“父”が彼自身の権威によって定める時期も季節も、★あなた方が知るべきではない。」

マタイによる福音書25章13節ゆえに★見張っていなさい、人の子が来るその日もその時間も、あなた方は知らないのだから。


http://www.zetatalk.com/newsletr/slide050.jpg
(聖書の「ノアの箱舟」と「モーセの十戒」のイラスト)


(モハメッドによる“時”の予言ついて)
コーランとスンナ(モハメッドの話)でイスラム教が『時間』と呼んだ“終末の時”についての彼の予言の内に。
モハメッドは、彼も大天使ガブリエルもその出来事の正確なタイミングについて正確に知らなかったと彼は認めたけれども、時間の到来と人類へのその結果について広範囲に話しましたが、にもかかわらず、彼は、★互いに非常に接近して起こる多くの接近している徴候とともに私達に提示しました:
予言者モハメッドは、★偽のキリストが40日間世界を支配するだろうと、14世紀以上前に述べました。
・ ★1年のような1日
・ ★1月のような1日
・ ★1週間のような1日
・ そしてあなた方の数日のような数日の残り。
その時以来、イスラム教の学者達は、この声明への数百もの解釈を無駄に提示しています。


http://www.zetatalk.com/newsletr/photo885.jpg
(“時”モハメッドによる予言の一部)


(2017年6月10日のゼータトークから「コメント」)
ゼータトーク 「コメント」 6/10/2017:
 とはいうものの、モハメッドは、40日間への彼の言及に、何を、暗に言っていたのでしょうか? “★1週間のような1日”は、私達が5.9日間つづくと予測した、“★地球の自転停止”を暗に言っています。 これは、太陽が地球の一部地域上空に静止するので、★単一の日のように見えます。 それに先行する“ひと月のような1日”は、“★最後の数週間”のことでしょう。 “最後の数週間”と終わりでの“自転停止”へと導く“酷いぐらつき”をのぞいて、私達の予測は、“3日間の暗闇”と“6日間の西からの日の出”を含むひと月、★34日間を含みます。

  “最後の数週間”に先行する“1年のような1日”は、荒々しくなる“毎日の地球のぐらつき”の結果として生じる、★混乱した天候と日の出/日の入りの時間を予測しています。 私達は、季節が“互いに混ざり合う”だろうと、それゆえに1年が、明確な季節がなくなり、混合するように見えるだろうと、予測しました。 “ぐらつき”は、実証されたように、太陽を昇らせ、ふたたび沈ませることができるので、ゆえに夜と昼は、“ぐらつき”が悪化すると混乱するようになるかもしれません。 モハメッドは、この混乱した期間が、★少なくとも1年つづくと予測しています。 そしてそれから物事は通常に戻り、自転が戻り、そしてニビルは、空から去って、移動しつづけます。
(と述べています)
(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)